忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が昔の道を歩く


私はずっと信じて、何も理由がない、私は通行人。空の静かで、足を歩いて、静かに空を眺めている。

光景が経つにつれて、思い出が多い。

記憶は根の長い線、私の歩いた道に絡まる。私はそれの跡に沿って、いっしょに引き返し、些細な自分を見て、静かに歩いて歳月の大通り。

歩いて、足がだらけて、後ろのartas system影がはっきりしない。カメラのような古い記憶。

沿道にはたくさんの見知らぬ人、三々五々、彼らは私を見て、私も彼らを見て。私たちはお互いの視覚の中の通行人は、通行人は、乙。

表情に、笑って、疑惑、いらいらして、それとも嫌い。

道行く人丁、もしかするとすべてのような。

私は好きで歩いてる人、退屈に襲われ、私は一見疲れ果てた体を引きずり、大通りに揺れ。

日、晴れ、雨、風、雪、昼も、夜。

時間はいつも巡り、ただ依然として不変は、通行人は依然として通行人、せわしなく行き交うは、単調な風景。

かも知れない、私は旅行が好きで、人を好きになる旅行。だから私はやっと一人が好きで城南城北を。だから私はやっと大胆に向かって一人でよく知らない都市。

私は変な通行人、いつも倦容低くて、頭、ふんて他人の俗謡は聞こえなかった、じゃあ行く。会が見えるから落ちた木の葉が足を止めて、どうしても頭思索半日、雨のartful beads embroidery日でものんびり帆頭、任せて雨が顔に。

通行人はいつも知らない。

甲は乙に来て、まだ未来丙。

丁は未知の。

私が旅の道中に私と年齢に似た

人、一緒に楽しいたくさん話し、最後はさようなら、二度と会わない。

私は夕方夕陽が落ちて、しゃがんで街角の乞食。

私を覚えていて女の子広場のベンチに座って、涙の雨を降らす。

私は雨の静謐で、カップルで傘をさして幸せに歩いたことがあって。

私の覚えている……

私は覚えていて、十数年の1段の簡単な旅、月日は流れて、

私は振り返ってみれば、やっと発見します私は路上に道の人を探して。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R